2011年12月22日

カンジダと免疫

性病を代表するものといえばカンジダではないでしょうか。

このカンジダは実は、真菌という名のカビの一種によって引き起こされる病気です。
そしてこの真菌という名のカビは、普段から多くの女性の膣内に居るカビなのです。

そのため、真菌は元々はなにも悪さをしない菌であると言えます。
しかし、身体の免疫力が極端に落ちている場合などは、
この真菌から悪影響を受けることがあります。

その免疫力の低下などによって真菌の悪影響が出る症状が、カンジダなのです。
カンジダの予防にはまず、免疫力を正常に保つことが重要なのです。


posted by ももか at 13:42 | 大阪 ☁ | 性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

血液検査の場

サービスの種類によって、
血液で調べる検査をオススメいたします。

約1ヶ月後には梅毒、約2ヶ月後にはB型・C型肝炎の検査、
そして約3ヶ月後にはHIVの検査が、可能となっています。

クラミジアや淋菌というのは、
ウイルスや菌そのものを調べていくため、
すぐに検査できるのですが、血液検査の場合では、
検査の対象となる物質が体内にできるまでに
少し時間がかかってしまうのです。

そのため、感染の可能性のあった日から
少し期間をあけて検査を受ける必要があるのです。

▼性病に関する情報「みんクリ」▼
クラミジア かゆみ
梅毒検査 料金
posted by ももか at 12:58 | 大阪 ☁ | 性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

検査を受けても意味が無い?

フェラチオだけであっても、
女性の咽頭(のど)にクラミジアや淋菌が感染している場合では、
男性のペニスへ感染してしまう可能性があるのです。

「まだ症状が出ていないので、検査を受けても意味が無いのか?」
という疑問を持っている方もいらっしゃると思います。

クラミジアというのは、特に症状を感じにくい場合が
多く見られているのですが、症状が無い場合でも
感染しているならば検査結果として表れてきます。

その時には、治療が必要となっています。
posted by ももか at 14:06 | 大阪 ☔ | 性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

性風俗店によく行く方

性風俗店によく行くという方も、
定期的に検査を受けておくことをオススメいたします。

よくある相談として、
「性風俗店へ行った後に、とても不安になってきたので、
どの検査を行えばいいのかアドバイスがほしい」
というものがあるようです。

この場合では、感染の可能性があった日から
2〜3日ほど経っているならば、
まずはクラミジアと淋菌の検査を受けるようにしてください。

▼性病に関する情報▼
カンジダ(カンジタ)とは?【性病のことならみんなのクリニック】
胃ガンの種類
タグ:性風俗店
posted by ももか at 11:22 | 大阪 ☁ | 性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

性風俗店にお勤めの方

性風俗店にお勤めの方は、
毎月検査をするようにしてください。

一般の方よりも多くの人と接触する機会が多いため、
それだけ感染してしまう可能性も
高くなっていると考えておく必要があるのです。

毎月検査することによって、もし感染していたとしても
早く見つけることができ、
早く治すことができるのです。

ご自身の体に加えて、パートナーや家族のことを考えると、
定期的に検査を受けることがとても大切なのです。

▼性病に関する情報▼
肺がん 原因
posted by ももか at 11:21 | 大阪 ☁ | 性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

咽頭への感染

オーラルセックス(フェラチオやクンニリングスなど)による、
クラミジアや淋病の性器から咽頭(のど)への感染、
および咽頭から性器への感染が急増しているようです。

オーラルセックスの経験がある方は要注意といえるでしょう。

オーラルセックスが、ごく普通のカップルの
日常的な性行為として定着してきているため、
クラミジアや淋病の咽頭感染が増加しているのです。

また、性風俗店で働く女性の咽頭が感染源となっている、
淋病やクラミジアによる男性の尿道炎も
増加している傾向がみられています。
posted by ももか at 12:25 | 大阪 ☔ | 性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

性感染症に感染

性感染症の原因となる病原体は、
体液(精液、膣液、血液など)の中に含まれています。

感染経路としては、おもに
人体の粘膜(陰茎、膣、肛門、尿路)を
通過して感染してしまうようです。

また、口腔、のど、気道、眼からも
感染することがあるようです。

もし、性感染症に感染してしまった場合は
早期発見、早期治療が大切となります。

ほとんどの性感染症は、治療が可能となっているので、
まず疑えるのであれば検査を受けるようにしましょう。

◆性病について知っておきましょう
性病を即日検査するなら
子宮癌の初期症状とは?
posted by ももか at 11:25 | 大阪 ☁ | 性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

母子感染する性病

性病の中には母子感染を
引き起こす感染症があります。

陰部クラミジア、陰部ヘルペス、
淋菌感染症、HIV感染、梅毒などが
母子感染を起こす可能性がある性病です。

その他にも、カンジダ、サイトメガウイルス、
トリコモナス、B型肝炎なども
母子感染を引き起こす可能性がある性病です。

自分の子供が、自分のせいで、
生まれたときから障害を持っていると、
親として辛い気持ちになります。

子供に病気を感染させない為にも、
普段から予防・対策を怠らないようにしましょう。

【様々な性病の原因を知れるサイト】
STDのキットについて
B型肝炎とは?【性病のことならみんなのクリニック】
posted by ももか at 11:12 | 大阪 ☀ | 性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。